So-net無料ブログ作成
検索選択

5月の華

   華の名は未だに覚えられない 静かに咲いている

DSC_1255 (2).JPG


        華は咲きたいから咲くのだ


DSC_1259 (2).JPG


     華は競わない


DSC_1260 (2).JPG


      私は人間嫌いなのかもしれない


DSC_1263 (2).JPG


        華はやがてかれる運命にあっても抵抗しない


DSC_1270 (2).JPG


    ただ静かに


DSC_1271 (2).JPG


      私はそんな華の魅力に惹かれたのかもしれない


DSC_1273 (2).JPG


          華は自分の美しさを知らない


DSC_1275 (2).JPG


         華はただ自分の与えられた運命に従っているのだと思う


DSC_1276 (2).JPG


DSC_1278 (2).JPG


         華は自分を卑下もせず傲慢にもならない


DSC_1281 (2).JPG


DSC_1282 (2).JPG


DSC_1284 (2).JPG


       華は己を知って静かにその生命をまっとうする


DSC_1285 (2).JPG


DSC_1287 (2).JPG


       華は静かに人々を見守っている


DSC_1291 (2).JPG


DSC_1292 (2).JPG


DSC_1294 (2).JPG


           華は自分を良く見せようと虚栄心をはらない


DSC_1295 (2).JPG


       華には言葉はいらない


DSC_1299 (2).JPG


        華は己を不幸とも幸福とも思わない


DSC_1300 (2).JPG


         人間文明の進化には一体どんな意味があったのだろうか?


DSC_1303 (2).JPG


          私はいつもそんな無垢な華に癒されている


DSC_1306 (2).JPG


世界が認めた「普通でない国」日本(祥伝社新書)

世界が認めた「普通でない国」日本(祥伝社新書)



nice!(121)  コメント(10)  トラックバック(0) 

nice! 121

コメント 10

yakko

お早うございます。
花に癒やされています・・・
by yakko (2017-05-20 08:26) 

gf487323

yakkoさん、こんにちは。^^
植物園に行ってきたのですね。うちの近所にあるかなー
探して行ってみようと思います。
訪問&nice,コメントありがとうございます。
by gf487323 (2017-05-20 09:23) 

chibacandy

お花と文章を<うん!うん!>うなずきながら拝見しました。
by chibacandy (2017-05-20 10:34) 

Atwight

その運命に従い、毎年可憐な花を付ける。
人と比較すると、すがすがしさや何も飾らない生き方が美しいと思います。
by Atwight (2017-05-20 11:42) 

JUNKO

何も語らないからいいんですね。色々なお花を見せていただきました。
by JUNKO (2017-05-20 18:00) 

johncomeback

拙ブログへのコメントありがとうございます。
漂流ポストの中は空っぽだったそうです。

花を撮るのは苦手です(*´∇`*)
by johncomeback (2017-05-20 20:31) 

革新のXPERIA

おはようございます。
訪問&nice有難うございます。
by 革新のXPERIA (2017-05-21 06:17) 

そらへい

優しい花たちの写真なのですが
美しく取られていて凄みを感じます。
by そらへい (2017-05-21 12:13) 

gf487323

そらへいさん、のブログを読んで昭和の日本を感じました。
やはり日本人はあの文章のように生きる宿命だったんでしょうね。
心を打たられるものがありました。
そらへいさん、訪問&nice, コメントありがとうございます。
by gf487323 (2017-05-21 14:02) 

ニッキー

ご訪問&niceありがとうございます( ^ω^ )
花はどれも自分たちの美しさを持ってますよねぇ^^
こんな風にその花の美しさを撮れるってスゴイです=(^.^)=

by ニッキー (2017-05-22 23:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: